無料カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の専門外 

どうも、微妙にピクミンやり始めた隼人です。
というか自室のテレビの画質の悪さで目がぁ!目がぁ!


はい、今日は芸術鑑賞会という名の3時間授業日課。

なんか、創立100周年記念で過去に俺の高校に在学していた深沢亮子さんというピアニストが来て下さいました。(調べてみたらウィキペディアに載ってるんですよ?名前だけだけど)
なんか世界レベルの方だそうで、よくこんなド田舎高校に来てくださったなぁ、と…

近くのホールまで歩いたので俺は始まるまで爆睡(ぁ
ちゃんと始まったら起きましたけどね。


いやぁ、しかし演奏始まってもくっちゃべってるやついるしさぁ… 隣でIは寝てるしさぁ…
まぁ、確かに好きで聴きに来てるわけじゃないかもだけどさ?

忙しいだろうに大したギャラももらってないだろうな状況で演奏してくれてるんだぜ?

というか、どんな状況であれ、ちゃんと演奏を聴かないのは侮辱だろ?例え自分たちがお金払った客の立場だったとしてもその聴く権利を得たら同時に聴く義務も生まれるはずでしょ?

というかI、てめぇは演奏する立場でもあるはずなのに寝てるとは良い度胸だ…



さて、感想なのですが、とりあえずすごいとしか言えませんでした。
いや、これはすごすぎてという意味ではなく、どのように、どれぐらいすごいかわからないからということです。

どういうことかと言いますと、ピアノなんて俺は滅多に聴く機会ありません。どのような表現がいいのかもわかりません。見てるだけじゃみんな同じように鍵盤を叩いてるようにしか見えません(音は違うのはわかるけど、優劣はよっぽどの差でない限り判断できないし)。

まぁ、つまり俺には深沢さんの演奏を聴く機会というのはもったいなかったということです。
その辺はピアノ経験者の反応を見れば一目瞭然でした。すんごい感動してたっぽいし。

ぁ、じゃあもしかして前に紹介したバーズヴィックさんの演奏は楽器を全く触れたこと無い方は感動しなかったということでしょうか?


しかし、自分の専門でなければ感動が半減してしまうということは全くの素人の方に音楽を聴かせて感動させるのは無理なのか?
そんなことは無いと思うんだけどね…


んー… わからないなぁ… 万人向けとそうじゃない音楽ってことなのかな?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shunhayabusa.blog10.fc2.com/tb.php/819-35c4251c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。