無料カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テトリスな話 

最近、隼人はテトリスにはまっています。
まぁ、元々テトリスは好きなんですけれどね。ぷよぷよ同様。

最近やり始めたきっかけとしては、mixiのアプリでテトリスを見つけたからなんですけどね。

mixiでのテトリスのルールは「2分間でどれだけ点数を稼げるか」というものなんですね。
で、テトリスは一度に消すラインが多ければ多いほど点数が高いのです。
つまり、テトリスのブロックは4つの四角からできているので、I字ブロックで一気に4ライン消すのが一番高得点というわけです。

ちなみにI字ブロックというのは




 ←こんな感じのやつです。

ちなみにこれを「テトリス」といいます。

ですが、2分間ではテトリスを多分5~7回やるのが限度。(ちなみに隼人は5回が限界!)
まぁ、どんなに頑張ったって時間制限がある限り落下するブロックの量は限られますからね。

大体落下するブロック数が限られてるのに一度に消せる最大の4ラインも消費するなんて非エコロジーですよね。
高得点取るためには仕方がないわけですが…

でも、1ライン消しでもテトリスと同じ点数獲得できる消し方があるんですよ。
それは「T-スピン」というものです。

例えばこんな状態のブロックがあるとします。

□   □□
□     □
□□  □□

透明だと分かり難いので、少し分かりやすくしますと

□   □□
[ ][ ][ ]
□□[ ]□□

こういう隙間があります。
この隙間を綺麗に埋めるために「T-スピン」というものを使います。
というか、使わなければ綺麗に埋まりません。

           
その名の通り、 ◎◎◎こういうT字型のブロックを使用します。
図だと逆T字になってますが、あまり細かいことは気にしないでくださいw


□  
◎◎ □□
  ◎ 
□□  □□

ブロックがこう落下してきます。

□  □□
◎◎  
□□□□

そして、すっぽりはまります。
ですが、このままでは隙間ができてしまいます。
なのでここで回転!


□  □□
◎◎  
□□□□

    ↓ くるんっ!

□   □□
◎◎◎
□□□□ カチン!

すると、どうでしょう。ブロックが綺麗に埋まりました。
ブロックが下に落下して、カッチリ固定されるまでにわずかな時間があり、その時間の間に回転させることでうまく隙間を埋めることを「T-スピン」といいます。
まぁ、回転させなくても埋まるところでもわざわざ回転させて入れることでT-スピンになる場合もありますので、厳密な定義ではないです。

で、このT-スピンを行うことでボーナスがもらえます。
さらに、T-スピンと同時にラインを消すことでかなりの高得点をもらうことができます。
1ラインだけでもテトリスと同じ点数、3ラインならばテトリスの2倍の点数がもらえます。(TETRIS CRYSTALでは。他はわからないです。)


で、やっと説明が終わって本題に戻ってくるわけですが、隼人は今このT-スピンを使ってうまく消すために練習してたりします。
いや、かなり難しいですw ぶっちゃけこれで2分間に高得点取れるのかわからないww

結局、一回のT-スピンを決めるまでの時間が、一回のテトリスを決めるまでの時間より遅かったらなんの解決にもなりませんからねw

あるいはテトリスとあわせたりした方がいいのかなぁ… その辺は俺はわからないですけどw


まぁ、テトリスをやってる人がいましたら是非お話をしましょう!←

スポンサーサイト

コメント

T-スピン便利だよね。

自分もよく携帯のTETRIS CRYSTALやってるからなんかその話分かるわ~。

T-スピンは自分は最近まであまり使ってませんでしたねw
ハードドロップができなかったということもあったので。
まぁ、時間制限があるとどうしても使わざるを得ない、ということなんですけどね。

CRYSTALは面白いですよねー。
パズルモードが好きですw

  • [2009/11/22 23:04]
  • URL |
  • 隼人@サンミルク
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shunhayabusa.blog10.fc2.com/tb.php/1374-bc94c720

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。