無料カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間は風のように 

昨日、ついに高校生活最後となる定期演奏会が終了しました。
終わってみると本当にあっという間でした。
演奏会を終えて、やっぱり自分は吹奏楽が好きなんだな、と実感しました。

演奏会後の打ち上げでは3年生がそれぞれ前でお礼や思い出を語るときに低音の後輩たちから花束を頂きました。
とてもうれしかったです。
ただ、後輩たちがいるところから自分のいる前に花を投げたんですけれども、オーバースローで投げるものですから花が床に叩きつけられた時には正直びっくりしました。

自分からはそれぞれの楽器のミニチュアのストラップをプレゼントさせて頂きました。
とても喜んでいただけたみたいでとても嬉しかったです。

そして、帰る時には何故か3部で使ったケミカルライトを使って作った首飾り的なものをプレゼントされたうえに、ボス(Aちゃん)の命令で付けながら帰されました。
ものすごく光ってました。結構恥ずかしかったw
ちなみに一応まだ捨ててません。なんか後輩からもらったら捨てにくいじゃないか←

帰りはカエル君と後輩数人とで駅まで。自分はジョニーを背負いながら。

最後に校門から見上げる校舎。
この高校自体はそんなに好きじゃなかったけれども、色んな友人や部活の仲間や後輩たちとの思い出がある学校にもう通うことが無いと思うとさびしかったです。


そして、もう当分自分は楽器を吹くことは無くなってしまうでしょう。少なくとも4月からそういう予定はありません。
なのである意味9年間続けてきた楽器の一区切りって感じですかね。
勿論、将来的にはなんらかの形で楽器は吹きたいとは思っていますけれどもね。
できれば前々から言っているように金管アンサンブルを組んで演奏したいです。


まぁ、そんなわけで俺の高校生活はこれで終了。
今まで応援し、支えてきてくださった方に感謝の言葉を。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

ついに最後 

ついに明日は定期演奏会。
もうこれで終わりなんですよね。
小学4年の時からずっとやって来た部活も明日で最後。

絶対明日泣くと思うwいや、もう夜の打ち上げの前に、演奏会の段階で絶対泣くw
3年生紹介とか、できれば泣きたくないよなぁ…w あとで泣けなくなりそうだし。


楽器を二度と吹かないつもりでは無いですけれども、4月からのそっちの活動は全く考えていないから明日で当分楽器を吹くこともなくなってしまうんですよね。
それもさびしいなぁ…


明日は絶対に悔いの残らない演奏会にしなければなりませんね。

進路決定 

ようやく進路決定しました。

とある大学の夜間学部に進学することにしました。


一応結果発表自体は昨日出ていたのですが、一応最後に少しだけ考えて進路を決めました。

ついでに夜間学部には反対していた父親も説得できました。ってか、なんか勝手に納得してました。
父親曰く、「反対していたのではなく、ひとつの意見。」だそうですが、明らかにあれは「大反対」でした。

まぁ、そんなことがありましたが、ある意味妥協という形であれ、自分の選んだ進路に進めそうで何よりです。
さらに妥協に関して言えば自分の努力不足が原因ですのでこれ以上は贅沢かもしれませんが。


そんなわけでどうにか4月からの進路を決定することができました。

そんな報告。

部活サボって買い物へ 

今日は部活をサボってちょっと買い物に行ってきました、隼人です。
ベッドを買いに行きました、ベッドを。
四月から祖母の家で過ごすのですが、祖母の家にはベッドが無いんですよ。
「別に布団でも良い」とは言ったのですが、「片付かないからベッドにしてくれ」と言われました。

それでベッドを見てて思ったことなのですが、最近のベッドって目茶苦茶ふかふかなんですよね。どれも。
低反発ウレタンとかね。これはあんまり俺は好みじゃなかったけど。


ベッドを購入したあと本屋でちょっと数学の本を購入。
別に参考書が欲しかったわけではなく、なんか数学関連の面白そうな本が欲しかったんですよ。
なので探すのに結構苦労しましたが、ちょっと面白そうな本を買えました。


その後にお昼ごはんでカレーの食べ放題を食べに行きました。
カレーとかライスだけでなく、ナンも食べ放題のお店。
過去に二回行ったことがあったのですが、なぜか味が格段においしくなってて食べすぎて死にそうでしたw

午後は祖母の家で本を読んだり昼寝をしたりした後、家に帰宅。


そして、先ほど15日に予定してるカラオケが16日になりそうなメールが来た。
16日定演全体通しだどうしよう\(^o^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。